美白化粧水には2つのタイプがある

美白化粧水というと様々な製品があり、配合されている成分も製品によって異なっています。美白化粧水は大きく分けると2つのタイプが存在し、一つは肌の黒化を予防するもの、もう一つが黒化した肌を元のトーンに戻そうとするものです。肌が黒化する直接の原因はメラニンという色素の増加にあります。メラニン色素は日本人の肌であればもともとある程度存在しているものであり、紫外線を過剰に浴びたり肌に強い刺激が加わるなどするとその量を増加させ、肌を黒化させます。

肌を明るくするためにはこのメラニン色素をいかに生成させないか、あるいはいかに排出を促すかがポイントとなります。メラニン生成を抑える作用のある美白成分はアルブチンなどが代表的です。アルブチンは自然界に存在する物質で、肌への安全性が高く美白作用も優れているため、多くの製品に配合されています。効果は緩やかに現れますが、毎日スキンケアを行えば少しずつ明るい肌へと導いてくれます。

メラニン色素を排出させる作用のある成分には、ビタミンC誘導体やハイドロキノンがあります。ビタミンC誘導体は高い抗酸化作用によって肌荒れを改善する効果もあり、ニキビ用の化粧水にも多く配合されています。肌荒れを防ぎながら明るい肌を保つという二つのケアが同時にできることがメリットです。ハイドロキノンは非常に高い美白作用を誇りますが、肌への刺激性がややあり、また紫外線に触れると変質を起こすため使用は夜の間に限るなど、使用方法に注意する必要があります。

低濃度のハイドロキノン化粧水であればドラッグストアなどでも購入が可能ですので、肌との相性を見ながら慎重に使用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です